Photoshopではチャンネルごとに移動ツールを使うことで、上のような色ずれのある画像を簡単に作ることができます。

手順

1. 適当な画像を用意する

今回はこのような画像を使ってみます。使用する画像は白黒画像ではなく、グレースケールやカラーの画像でも構いません。
レイヤーが複数枚ある場合は、作業を行う前にあらかじめ「画像を統合」を行い、レイヤーを1つにしておいてください。

2. チャンネルウィンドウで編集対象のチャンネルを選択

チャンネルウィンドウを開くと、以下のように「RGB」「レッド」「グリーン」「ブルー」の4種類のが一覧表示されます。

まずは「レッド」をクリックして編集対象のチャンネルを「レッド」に変更します。
このとき、表示チャンネルが「レッド」のみになってしまうので、「RGB」の左の目マークをクリックし、全チャンネルが表示されるようにしてください。

3. チャンネルごとに移動ツールで画像全体をずらす

まずは2.で選択した「レッド」チャンネルについて移動を行います。
「レッド」チャンネルが選択された状態で移動ツールでマウスドラッグすると、画像の赤成分のみが移動し、色ずれを与えることができます。

同様に、「グリーン」や「ブルー」も選択して移動することで、よりカラフルに色のぶれが再現できます。

 

カラー画像に適用してみても、古いVHSのビデオみたいになって面白いです。

この投稿をシェアする